窓を少し色のついたガラスにして気分一新

window_color
住宅リフォームに際し窓ガラスに手を加える人が最近急増しているそうです。特にオール電化や省エネ住宅を目指すリフォームにおいては、住宅の光熱費に大きく関わるのが冷暖房において、窓ガラスの遮熱、高断熱効果なくして省エネ住宅は実現しないからでしょう。また、住宅全体をリフォームするには費用負担が大きすぎるけれど、窓ガラスだけのリフォームであれば、ある程度可能であるのと同時に、費用対効果が大きいと考える人も多いようです。確かに、住宅の熱効率を考えた場合、窓ガラスを抜きに考えることはできないのです。

複層ガラスは断熱、遮熱、結露防止などの観点から、高機能住宅に広く導入されている建具です。複層ガラスの特徴は、複数のガラスを重ね合わせて一枚のガラスのように仕立て、そのガラス間にさまざまな工夫を凝らして高機能の窓ガラスとしたものです。
通常、複層ガラスでは、ガラスとガラスの間にアルゴンガスを充填させることが多いようです。さらには特殊な製法と使ってガラスとガラスの間を真空状態にしたものもあります。熱を伝達する物質がないため、魔法瓶のような断熱効果があるというわけです。

しかし一方、複層ガラスは窓ガラスである以上、透明度を保たなければなりません。ところが透明であるがために、太陽光線に含まれる赤外線を遮断することができません。そこで注目されるのが、ハーフミラー効果をもつ熱反射ガラスを利用したものや、LOW-E複層ガラスに代表される、低放射ガラスです。特に複層ガラスの内部に特殊な金属膜を仕込んだLOW-Eガラスは、外側ガラスの内面側、あるいは内側ガラスの外側にある金属膜によって、画期的な断熱効果を実現しています。
金属膜による反射によりガラスそのものに薄い色が付いてみえます。それまで住宅の窓ガラスは透明という常識を覆した製品とも言えるでしょう。住宅のエクステリアとしても使える複層ガラスに注目が集まっています。