古い木枠のサッシと窓ガラスを交換したい

wood_frame
窓ガラスにはさまざまな種類がありますが、その種類ごと性能や特性も違ってきます。特に防音の観点から見ると、窓ガラスとともに、その周辺設備が重要なポイントになってくるのです。
たしかに窓ガラスには防音性能向上を喧伝したものがあります。技術的な進歩によって、ガラスの素材や組成によってある程度防音性能を高めることができるようになったのです。しかし、どんなにその性能を向上させても、窓ガラスはその薄さが自ずと防音性能を頭打ちにしてしまっています。今後さらなる技術的な進歩がないかぎり、今以上に防音性能を向上させることは難しいのかもしれません。

現在、最も防音性能が期待されている窓ガラスのひとつが複層ガラスではないでしょうか。複層ガラスはペアガラスとも呼ばれており、通常のガラス板二枚を合わせて一枚の窓ガラス板のように使用するものです。ガラスとガラスの間に特殊なガスを封入したものや、真空状態にしてあるものもあります。どちらも断熱性能に優れているとされており、省エネ効果や結露防止など、さまざまな効用が期待できるのです。

そしてこの二重構造によって、複層ガラスには防音効果もあると考えられているようですが、実際のところその効果はほぼないと言われます。これは二枚のガラスが共鳴することで、外部の騒音を減じさせることなく通過させてしまうからだとも言われています。
それでは実際に窓ガラスの防音効果を発揮させる方法はないのでしょうか。

実は窓ガラス自体を二重にしても効果が無い理由には、サッシを通して音が漏れてしまうことも理由のひとつと考えられています。この解決方法として、窓とともにサッシも二重にする、つまり内窓を設ける方法が有効と考えられています。内窓と外窓にあいだに出来た空間によって、外からの音も中からの音も、その中間層で吸収されるためです。
効率良く防音するために、木枠のサッシや窓ガラスは交換する必要があるのです。