水滴や結露に強いガラスってあるの?

water_drop
窓ガラスの結露は非常に厄介な問題です。結露によって生じた水滴は窓ガラスをつたって下に落ちていきますが、最終的にはその付近にあるカーペットや棚、カーテンなどに付着してしまいます。たとえば出窓などの棚が木製で、その窓で生じた結露によって常に湿った状態になっていると、最悪の場合板ごと腐ってしまう場合があります。せっかく室内のインテリアにアクセントを与えてくれるオシャレな出窓であっても、その棚の部分が腐っていては台無しでしょう。カビやダニの発生原因ともなる湿気を、家のどこかに発生した結露によって作ってしまうことは、快適な居住空間にとって決して好ましいことではないはずです。

結露が生じるメカニズムは簡単にいうと室内外の温度差によるものです。そしてそれが窓ガラスに生じるのは、たとえば冬場、窓ガラスの温度が外気温の影響を受けた状態、つまり冷たい状態で室内の暖かい空気に触れた場合、そこで露点を超えてしまった空気から飛び出した水分によって発生します。このことから分かるのは、結露は外気と室内温度の差がある以上、どうしても発生するリスクがあるということなのです。

結露を防ぐ最も簡単な方法は換気ですが、これは室内という生活空間において、空気はどうしても水分を含んでしまうことも関係があります。極端な話、室外と室内の空気が同じ温度で同じ湿度であれば結露は生じないわけですから、少なくとも湿気が多い空気を外に逃がすことは効果があるでしょう。
しかし、もしも窓ガラスが外気温の影響を受けにくいものであったなら話は変わってきます。わざわざ暖房で温めた空気を捨てなくとも、室温をほぼ変わらない温度を窓ガラスが保っていたなら、結露は生じないのです。
複層ガラスは断熱効果に優れた窓ガラスです。外気温の影響を受けにくい二重構造であれば、窓の外側は冷たくても、室内側は暖かいままでいられるのです。結露に最も強いガラスというわけです。