ひどい結露をなんとかしたい!

window_condensation
冬場の窓は水滴で曇ってしまうことがよくあります。これが結露です。そもそも窓ガラスは住宅の壁などに比べると外気温の影響を受けやすいといえますが、そのことが室内における冷暖房による外気との温度差の境界線を、窓ガラスの室内側に発生させてしまう結果となっているのです。このことによってもろに影響を受けるのが冬場の窓ガラスであり、結果としての現象が結露というわけです。

結露は外気によって冷やされた窓ガラスが、その内部、つまり室内側の面でも冷えてしまった結果、室内の暖房との温度差によって生じる現象です。室内の比較的暖かい温度であれば、空気中にとどまっていられた水分は、冷えた窓ガラスにふれて急激に温度を下げた空気から放出されます。放出された水分が付着して濡れるのが結露というわけなのです。

結露によって、周辺の家具やカーペットがダメージを受けるリスクが高まります。また、カビの発生原因になるばかりか、ダニなどの生息地としての環境も整えてしまいますから、決して良いことはありません。見た目も良くはありませんが、たかが水分と侮ってはいけないということでしょう。
それでは実際にどうすれば結露を防ぐことができるのかというと、これはやはり換気が最も効果的な方法です。室内では飲食、台所、お風呂、洗濯機など、さまざまな水分が存在しており、これが室内の空気に取り込まれています。極端な話、室内が外気と同じ湿度であれば、結露は生じないということになるのです。

しかしそうは言っても、換気によってせっかく暖められた空気を外に捨ててしまうのは、省エネの観点からもおススメできません。窓ガラスの室内側の温度が室温と同じであれば、結露は起こらないわけですから、窓ガラスの断熱効果を高めることができれば、結露は防ぐことができるということになります。
真空二重サッシなど、優れた断熱効果を持つ窓ガラスを導入するのもひとつの方法と言えるでしょう。